logo

ドコモ、30分後のタクシー需要を予測する「AIタクシー」を提供開始--東京と名古屋から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月14日、タクシーの乗車需要を予測するサービス「AIタクシー」を2月15日より法人企業向けに提供すると発表した。東京23区、武蔵野市、三鷹市の東京無線タクシー1350台、名古屋市ではつばめタクシーグループの1150台のタクシー車両で、順次運行を開始する。

 同社は、2016年度から東京23区、武蔵野市、三鷹市や、名古屋市における実証実験を通して、リアルタイム移動需要予測技術の確立に取り組み、一定の効果を確認しているという。また、大阪市や福岡市などの他エリアにおいても、試行運行を進めていた。


 AIタクシーは、現在から30分後までのタクシー乗車需要の予測結果といったデータをオンラインで配信するサービス。タクシー運行データや気象データ、周辺施設(POI)データなどの多様なデータに加え、同社の「モバイル空間統計」のリアルタイム版を活用。日本各地の性別や年齢層など、属性ごとの人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握できるという。また、各データを人工知能で分析することにより、乗車需要を10分ごとに予測できる。

 同サービスで配信するのは、(1)営業区域内500m四方ごとのタクシー乗車台数の予測値、(2)乗客獲得確率の高い100m四方のエリアの情報、(3)乗客獲得確率の高い進行方向、(4)普段よりも人口が多い500m四方のエリア情報。これらの移動需要予測データを、配車システムベンダーやドライバー業務支援アプリなどで活用することにより、タクシーの待ち時間の短縮、電車遅延やイベントなどの非日常的な乗車需要増への対応、ドライバーごとの実車率のばらつき解消・底上げ、業務効率・生産性向上といった効果が期待できるという。


 価格は、営業区域数とタクシー車両台数により異なるが、初期導入費用は30万円から。月額利用料は、車両1台あたり900円前後で提供。また、導入を検討している顧客に対して、初期導入費用0円の利用期間限定のお試しプランも提供する。

 提供パターンは、配車システムベンダーがAIタクシーの機能を搭載するシステムを開発したものをタクシー事業者が利用する場合(一般的な利用形態)と、タクシー事業者にてAIタクシーの機能を搭載したシステムを開発する場合の2種類を用意している。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]