logo

エイベックスとMSが実践する感情分析AIとは--「CNET Japan Live 2018」会場で実演も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「CNET Japan」を運営する朝日インタラクティブは、IoT時代でAI活用があたりまえになった世の中で、ビジネスを成長させるためのコミュニケーションのあり方を議論する「CNET Japan Live 2018」を2月27~28日にソラシティカンファレンスセンター(東京・御茶ノ水)で開催する。一部有料になり、来場するには事前登録が必要だ。定員は400人。

 20の講演を実施するほか、AIを使った自動校正技術の特許出願を持つ朝日新聞社メディアラボなどによる展示コーナーも設ける。

 2月27日16時30分~17時20分に開催する「A-4」セッションでは、エイベックスグループ戦略室マーケティング・アナリティクスユニットの山田真一氏と日本マイクロソフトパートナー事業本部 クラウドプラクティス技術本部 本部長の田中啓之氏による講演「ライブ会場の満足度が見える--AIによる“感情”分析」を行う。

 数々の人気アーティストやヒット曲を生み出しているエイベックスでは、ライブエンターテインメントの新たな形を模索。歓声やリアクションでしかわからなかった会場内の盛り上がりを8つの感情に分析。“満足度の高いライブ演出”を導き出す。

 講演内では実際に会場の様子をリアルタイム分析し、来場者の感情の動きをその場で解説する。

 イベントのチケットは3種類。全セッションに参加できる「Premierチケット」は1万800円で、早期割引期間中は6480円となる(いずれも税込)。ほか、「学割チケット」が4320円、展示会場に参加できる「Generalチケット」は無料だ。

CNET Japan Live 2018 AI時代の新ビジネスコミュニケーション

-PR-企画特集