logo

JVC、4K「Everio」発表--防水、防塵など4つの保護機能備え、水洗いもOK

加納恵 (編集部)2018年01月16日 15時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは1月16日、JVCブランドからビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズに4K撮影に対応した「GZ-RY980」(税別想定価格:10万円前後)と、HD撮影ができる「GZ-RX680/R480」(同:7万円前後/6万円前後)を発表した。全機種ともに防水、防塵、耐衝撃、耐低温に対応した「QUAD PROOF」機能を備える。発売は2月中旬。


左から「GZ-R480(シトロンイエロー)」「GZ-RX680(サックスブルー、ブラッドオレンジ)」、「GZ-RY980」

 GZ-RY980は、JVCブランド初となる4K撮影に対応。QuickTime方式で、最大約70Mbpsの4K撮影と、AVCHD方式で、60p時で最大約28MbpsのHD撮影をサポートする。

 4K対応機ながら、Everioモデルで長く採用しているQUAD PROOFを両立しており、IPX8/IPX6相当の防水性能と、IP5X相当の防塵性能、1.5メートルの耐衝撃性能、マイナス10℃の耐低温性能を装備。防水性能は水深5mで1時間、水深1mで4時間の撮影ができるアウトドア仕様で、本体を流水で洗うことも可能だ。

 4K撮影のため、高画質再生とともに小型化も実現した「JVC 4K GTレンズ」と、高速処理と低消費電力化も両立した、新画像処理エンジン「FALCONBRID 4K」を新開発。

 4K動画から、約800万画素の静止画ファイルを切り出せるほか、4Kタイムラプス撮影、フルHDスローモーション撮影など、多彩な撮影スタイルを搭載する。

 SDカードスロットをダブルで備え、片方のカードの容量がいっぱいになったら自動的にもう一方のカードに切り替わり撮影できる連続記録が可能。SDカード2枚で、最大約28時間の長時間4K記録ができるほか、2枚のカードに同じ映像を記録する同時記録にも対応する。

 総画素数1891万画素の裏面照射CMOSセンサを搭載。大容量バッテリを内蔵し、4Kモードで連続撮影約4.5時間、HDモードで連続撮影約5.5時間を実現する。

 サイズは高さ76mm×幅79mm×奥行き162mmで重量約620g。別売の無線LANアダプタを装着すれば、スマートフォンからの操作も可能だ。


「GZ-RY980」

 GZ-RX680/R480は、総画素251万画素の1/5.8型裏面照射CMOSセンサを搭載したHDビデオカメラ。QUAD PROOFによる4つの保護性能と、明るい環境下でも視認性を向上した「反射低減液晶モニター」により、アウトドアでの使用にも最適だ。


「GZ-R480」

 RX680には64Gバイト、R480には32Gバイトのメモリを内蔵し、両機種ともにSDカードスロットも装備。RX680のみ、1080/60pの高画質プログレッシブ記録とWi-Fiネットワーク機能を備える。

 光学40倍ズームとパワードモード搭載電子式手ぶれ補正を採用し、282パターンを判別する「インテリジェントオート撮影」を搭載。いずれもサイズは高さ59.5mm×幅60mm×奥行き128mmで、重量約360(R480は304)gになる。


GZ-R480はペットボトル同サイズのスリムデザインになっている

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集