logo
CES 2018

オンキヨー、AIスマートウェアラブルを開発--「Onkyo AI」対応、音楽と周囲の音を両立

加納恵 (編集部)2018年01月09日 15時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーグループは1月9日、独自のAI「Onkyo AI」に対応した、AIスマートウェアラブル「VC-NX01(仮称)」を開発したと発表した。身につけて話すだけでどこでも快適に音楽再生やAIと対話ができる。米国ラスベガスで開催されている「CES 2018」で参考出品されている。

AIスマートウェアラブル「VC-NX01(仮称)」
AIスマートウェアラブル「VC-NX01(仮称)」

 VC-NX01は、ネックバンドのように首元につけるデザインで、首元センサにより起動。本体からの音楽と音声と周囲の音を両立させる新技術を搭載し、音を耳元に集中させることで、AIアシスタントの音声を聞き取りやすく、周囲の喧騒音に関わらず音楽を快適に楽しめるとしている。

 Onkyo AIは、Sound Houndの対話型音声対応知能「HOUNDIFY」を活用しており、質問の応答や音楽再生のほか、好みの声のアシスタントへ設定ができるほか、時間、位置、ユーザー特性を組み合わせ、シーンに合わせたおすすめアプリと自動連動して、さまざまなサービスを提供することが可能。音声による、複数キーワードでの絞り込み検索ができ、 質問を繰り返すことで、探し出したい答えに近づけられるとしている。

 Onkyo AIは、今後も機能を追加していく予定。AIスマートウェアラブルの導入地域、希望小売価格、発売時期については、現在検討中としている。

-PR-企画特集