logo

JVC、交換用ノズルで音色を選べるハイレゾ対応イヤホン

加納恵 (編集部)2017年11月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、JVCブランドからハイレゾ対応のイヤホン「SOLIDEGE (ソリデージ)01 inner HA-FD01」「SOLIDEGE 02 inner HA-FD02」を発表した。高い強度を実現するフルステンレスボディを採用する。発売は11月下旬。想定税別価格はSOLIDEGE 01が4万円前後、SOLIDEGE 02が2万8000円前後になる。


「SOLIDEGE 01 inner HA-FD01」

「SOLIDEGE 02 inner HA-FD02」

 振動板、エアダンパー、メタルドライバーケースを全て新開発した「D3ドライバーユニット」を搭載し、音楽を細部まで描写させるほか、振動板の正確な動きを実現。ソリッドでタイトな高品位サウンドが得られるという。

 SOLIDEGE 01のみ、チタニウム、ブラス、ステンレスと素材の異なる交換用ノズルを付属し、各金属の音色の違いを楽しめる。L/Rを分離したハイグレードケーブルを採用。イヤーピースには新開発の「スパイラルドット+イヤーピース」を使用する。

 両機種ともに、ノズルが360度回転するファインアジャスト機構により、通常掛けと耳掛けの2つのスタイルに対応。MMCX端子により、ケーブルの着脱が可能だ。

 同時発表したワイヤレスオーディオレシーバ「SU-ARX01BT」(想定税別価格:2万2000円前後)と組み合わせれば、ワイヤレスイヤホンとして使用できる。対応コーデックは、SBC、AAC、aptX。デジタル音源化や圧縮処理により失われた音楽情報を波形補正処理により再生成し、原音を忠実に再現する独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」をBluetoothに最適化することで、ワイヤードに迫る高音質を再生するとしている。


「SU-ARX01BT」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]