logo

ソフトバンクとファーウェイ、ロボットにおける5Gの活用に向けた実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは11月1日、華為技術(ファーウェイ)とロボットにおける5Gの活用に向けた実証実験に関する契約を締結したと発表した。

 両社は、インターネットを通じてつながるロボット「コネクテッド・ロボット」の実現に向けた検討や実証実験を2018年より実施する予定。

 また、ソフトバンクは、5G向け候補周波数帯の実験局免許を2016年8月に取得し、5Gの要素技術を実装した実証実験装置を用いた超高速ブロードバンド通信、超低遅延通信などの検証を実施している。

 今回の実証実験では、ロボットにおける5Gの大容量通信や超低遅延通信の活用方法を検証する。なお、5Gを活用によりデータ処理などはクラウドで行えるため、ロボット本体には高性能なCPUなどが不要となり、ロボット本体の小型化やコストを下げることが可能。さらには、他のロボットとのデータ共有が容易になることで、同社では機械学習やAIの進化をさらに促進させられると考えている。

 同実証実験では、ソフトバンクが開発した箱型自律走行ロボット「CUBEくん」「木箱くん」を活用。この2つのロボットは、ロボットを制御する際に必要なさまざまな情報処理を分散して効率的に行うROS(Robot Operating System)を採用し、自社で設計しているため、5Gのネットワークを通じてロボットを制御する今回の実証実験に適しているという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]