logo

オーディオテクニカ、スポーツ用からハイレゾ相当までワイヤレスモデル拡充

加納恵 (編集部)2017年10月06日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは10月5日、2017年度新製品発表会を開催した。開放型ヘッドホンのトップエンドモデル「ATH-ADX5000」をはじめ、「重点的に取り組んでいる」(オーディオテクニカ代表取締役社長の松下和雄氏)というワイヤレスヘッドホン、イヤホン7機種、ワイヤレスヘッドホンアンプ、ヘッドホン用着脱ケーブルなどを発表した。

 ATH-ADX5000は、バッフル一体型58mmドライバを搭載したエアダイナミックヘッドホン。超硬素材「タングステンコーティング振動板」を採用したほか、新開発の「コアマウントテクノロジー」により、レスポンスの良い、広帯域再生を実現する。


「ATH-ADX5000」

 高剛性のマグネシウム成型フレーム&アームを採用し、重量は約270g。日本の職人の手で組み立てられるハンドメイド生産で、シリアルナンバーが付く。発売は11月10日。想定税別価格は24万円前後。

 重低音サウンドが人気を集める「SOLID BASS」シリーズには、2つのワイヤレスモデル「ATH-WS990BT/WS660BT」(想定税別価格:2万5000円前後/1万5000円前後)を追加した。両機種ともに53mmの「ディープ・モーションドライバー」を搭載し、鮮明な重低音を再生。硬さの異なる2層のクッション材による「2レイヤード・イヤパッド」により、装着の快適性を確保しているという。

 WS990BTはノイズキャンセリング機能を備え、外部音を取り込める「ヒアスルー」機能も装備。駅や空港などのアナウンス、会話の様子をボタンを押すだけで確認可能だ。いずれも発売は11月10日。


「ATH-WS990BT」

「ATH-WS660BT」

 スポーツタイプ「SONICSPORT」にも2機種のワイヤレスイヤホン「ATH-SPORT70BT/SPORT50BT」(同:1万3000円前後/7000円前後)をラインアップする。IPX5相当の防水機能を備え、運動時でも快適な使用を追求。SPORT70BTにはヒアスルー機能、SPORT50BTには「アクティブフィットイヤピース」を付属することで、外部音の聞き取りをサポート。外れにくいセキュアフィットイヤハンガーを採用する。発売は11月17日。


「ATH-SPORT70BT」

「ATH-SPORT50BT」

 エントリーユーザー向けにも、ヘッドホン「ATH-S200BT」(同:7000円前後)とイヤホン「ATH-CK200BT」(同:5000円)を用意する。S200BTは最大約40時間の連続再生に対応。CK200BTは9mmのドライバユニットを搭載する。発売は10月27日。

 ポータブルヘッドホン「ATH-MSR7SE」(同:3万5000円前後)は、群青、金色を配した限定仕様モデル。「ATH-MSR7」を特別チューニングしているという。発売は10月20日。

 また、A2DCコネクタ対応のヘッドホンをワイヤレス化するアンプ内蔵のヘッドホンアダプタケーブル「AT-WLA1」(同:1万2000円前後)と、ワイヤレスヘッドホンアンプ「AT-PHA55BT」(同:3万5000円前後)もラインアップしている。


「ATH-CK200BT」

「ATH-S200BT」

「ATH-MSR7SE」
 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]