logo

B&O、4K有機ELテレビを発表--LGとの共同開発171万3000円~

加納恵 (編集部)2017年09月23日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bang&Olufsenは、4K解像度を持つ有機ELテレビ「BEOVISION ECLIPSE」を発表した。450Wの3チャンネル「SoundCenter」を備え、オーディオとしての高性能さも併せ持つ。発売は11月を予定。55インチの「BEOVISION ECLIPSE 55」(税別価格:171万3000円~)と65インチの「BEOVISION ECLIPSE 65」(価格:226万9000円~)の2つを用意する。


「BEOVISION ECLIPSE」

リモコン

 オーディオブランドのイメージが強いBang&Olufsenだが、テレビの開発、販売は1950年代にスタート。1962年にはキャニスター付きのスタンドを備え、自由に部屋の中を持ち運べるテレビ「BEOVISION HORISONT」を発売するなど、デザイン性に優れたモデルを生み出している。

 BEOVISION ECLIPSEは、LGエレクトロニクスと共同開発したテレビ。webOSや4K映像処理技術など、LGのテレビとしての高性能さはそのままに、Bang&Olufsenのデザインやオーディオシステムを取り入れた。LGとの共同開発は今回が初めてになる。

 SoundCenterは、1インチのトゥイータを1つと2.5インチのフルレンジドライバを2つ、4インチミッドレンジ/ウーファを3つ備えた、フルアクティブ3チャンネル内蔵ステレオ。Bang&Olufsenでは「サウンドバーなどを上回る性能」としており、Apple AirPlay、Bluetoothなどにも対応する。


スピーカ部

 スタンドは独自の「モーターフロアスタンド」で、左右を最大90度まで動かせるほか、画面を支えるポール部が円を描くように動き、モニタの位置調節が可能。座る場所に合わせてスクリーンの位置を調整できることがポイントで、動作は静かかつスムーズ。ボタンを押すだけで移動できる。あわせて壁掛け設置ができるウォールブラケットも用意しており、壁面から最大60度離すことができる。


デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集