logo

米任天堂、復刻版小型スーファミ「Super NES Classic Edition」を発売へ

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年06月27日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂が、昔懐かしいゲーム機の復刻版をまた発売する。

 任天堂の米国法人は米国時間6月26日、「スーパーファミコン」の小型版である「Super NES Classic Edition」を発売することをツイートとプレスリリースで明らかにした。これは、2016年に発売した復刻版小型ファミコン「NES Classic Edition」に続くものだ。

 Super NES Classic Editionは、米国で1991年に発売された「Super Nintendo Entertainment System」(Super NES:スーパーファミコンの海外における名称)を小型にしたもので、米国で9月29日から79.99ドルで発売される予定だ。このゲーム機には、「スーパーマリオワールド」「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」「スターフォックス」など、21種類の懐かしいゲームがあらかじめインストールされる。また面白いことに、発売されずにお蔵入りとなった「スターフォックス2」も搭載される。Super NES Classic Editionでこのゲームをプレイできるようにするには、1作目のスターフォックスのレベル1をクリアする必要があるという。

 任天堂は2016年に「Nintendo Entertainment System」(NES:ファミリーコンピュータの海外における名称)の復刻版であるNES Classic Editionを発売し、これが懐かしさから好調な売れ行きを見せたことで、大きな成功を手にした。30種類のゲームがインストールされたNES Classic Editionは60ドルで発売され、2016年のホリデーシーズンで最も人気の高いギフトの1つとなった。だが、任天堂は特に説明のないまま、2017年4月にNES Classic Editionの出荷を取りやめ、ブームに終止符を打った(そのため、次の復刻版が登場するのではないかとの憶測を呼んだ)。

 英国向けと欧州向けの製品は、米国向けとは異なるデザインと名称になる予定だが、同じ日に発売されるようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集