logo

世界中のユーザーと母国語でリアルタイムチャット--レイトン“リアルナゾトキ”企画で

佐藤和也 (編集部)2017年06月20日 10時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レベルファイブは6月20日、開発中のアドベンチャーゲーム「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」の発売に先駆け、「リアル脱出ゲーム」を手掛けるSCRAPとの共同企画として「レイトン ミステリージャーニー 世界ナゾトキ大冒険」を展開。Google Translateを活用したリアルタイムチャットシステム「TRANSLAYTON」(トランスレイトン)を新たに開発し、世界中のユーザーと母国語でコミュニケーションを取りながら楽しむ企画となっている。

  • 展開されるナゾのイメージ

  • 第1問の出題者であるピコ太郎さん

  • ロンドン中心部のウォータールー駅にナゾが出現することも

  • リアルタイムチャットシステム「TRANSLAYTON」イメージ

 レイトン ミステリージャーニーは、アドベンチャーゲーム「レイトン」シリーズの正当続編として開発されているタイトルで、レイトン教授の娘であるカトリーを主人公に展開される。ニンテンドー3DSのほかスマートデバイス(iOSとAndroid)向けに7月20日リリース予定としている。

 世界ナゾトキ大冒険は、6月20日から9月21日の約3カ月間にわたり、日本をはじめとして米国や英国、韓国など世界10カ国のあらゆる場所やインターネット上を通じて全50問の“ナゾ”が次々と出現されるという“リアルナゾトキ企画”。第1問となるピコ太郎さんからナゾソングが公開となっている。

 今回のナゾ解きは世界にまたがるものであることから、世界中の人が同じ言語でリアルタイムにチャットでき、ナゾに関する情報を交換できるリアルタイムチャットシステムを新たに開発。Google Translateを活用し、さまざまな言語で入力される言葉が、それぞれ自分が選んだ言語にリアルタイムで翻訳され、お互いに対話ができるシステムとなっている。

 世界ナゾトキ大冒険のナゾトキは、特設サイト上で楽しむことができる。参加にはダウンロードや会員登録などの必要はない。Googleなどのアカウントと連携することことにより、回答データが保存できるなど、より楽しめるという。

レイトンナゾトキ
CNET Japanオリジナルの“ナゾ”

-PR-企画特集