エアバス、開放感“無限大”のビジネスジェット「ACJ319neo」--客室から空が見える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Airbusは、プライベートジェット機「ACJ319neo」の内装デザインとして、キャビン天井の大部分にディスプレイを取り付けるインテリア「Infinito」を発表した。飛行中に空の映像を映し出せば、狭い機内でも閉塞(へいそく)感が軽減されそうだ。


天井のディスプレイに空を映し出せる(出典:Airbus)

 このインテリアは、イタリアのスーパーカーメーカーAtelier Pagani AutomobiliとAirbusが共同でデザインしたもの。Infinitoは、イタリア語で「無限大」を意味する言葉であり、上空の見える開放感を表現しているらしい。

 キャビン全体にエレガントなイタリアンデザインを採用し、優雅な曲線を多用。ラウンジとミーティングスペースには透明な仕切りを設けて圧迫感をなくしているが、スイッチ1つで不透明に切り替えられる。椅子やゆったりとしたソファーは革張りで、床も革製のカーペットを敷いている。


透明な仕切りはスイッチ1つで不透明に(出典:Airbus)

 なお、ACJ319neoの乗客定員は8人。航続距離は最長1万2500km、飛行時間は最長15時間。Airbusによると、ACJ320シリーズのビジネスジェット機は、キャビンの高さと幅が同クラスの飛行機のなかで最大級だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加