logo
Kickstarter

ラジカセで再生可能なカセットテープ型MP3プレーヤ「MIXXTAPE」--Bluetoothにも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カセットテープの人気は根強く、全盛期を過ぎた今でも「Elbow」のような変わり種プレーヤが登場するなど、世界中にファンがいる。ある程度以上の世代の人なら、FMラジオ放送をエアチェックして作ったオリジナルテープを意中の人にプレゼントした思い出があるだろう。

 そこで今回は、そんな甘酸っぱい記憶がよみがえるカセットテープ型MP3プレーヤ「MIXXTAPE」を紹介する。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


カセットテープそっくりな音楽プレーヤ(出典:Kickstarter)

 MIXXTAPEは、カセットテープそっくりの形をした音楽プレーヤ。micro SDカード内のMP3やWAV、WMA、AACといった形式の音楽ファイルを再生し、イヤホンやヘッドホンで聴くことができる。


イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く(出典:Kickstarter)

 ただし、カセットテープの形は伊達(だて)でない。ラジカセやカーオーディオのようなテープデッキにセットして、本物のテープのように音楽を鳴らせるのだ。ドライブに持って行けば、車の中で友達と一緒に同じ音楽を楽しめる。懐かしいオリジナルカセットのように、贈り物にもよさそうだ。


オリジナルカセット風プレゼントに(出典:Kickstarter)

 そのうえ、Bluetoothにも対応。ワイヤレスヘッドホンやBluetoothスピーカ、自動車のオーディオ機器などに、邪魔になるケーブルを使わず無線接続して音楽が流せる。

 micro SDカードは交換できるので、お気に入りのプレイリストを作っておけば、シーンに合わせて音楽が選べる。対応している最大64ギガバイトのカードに、1万5000曲以上の曲が保存できるという。音楽ファイルは、PCからUSB経由で転送する。


PCからUSBで音楽ファイルを転送(出典:Kickstarter)

 再生する曲は、タッチ操作でLCDの表示を見ながら選ぶ。電源は内蔵バッテリ。フル充電で最大12時間の再生が可能。


LCDを見ながらタッチ操作(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間6月21日まで。記事執筆時点(日本時間5月29日11時)でキャンペーン期間は23日残っているが、すでに目標金額1万ドルの4倍を上回る約4万4000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集