ホンダ、AIの情報セキュリティ領域でボストン大学と共同研究

山川晶之 (編集部)2017年05月16日 18時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダの連結子会社である、ホンダ・リサーチ・インスティチュート(HRI)は5月16日、AIの情報セキュリティ領域において、米ボストン大学と共同研究を開始すると発表した。

 セキュリティ領域の研究を加速させるため、ボストン大学コンピューティング&計算科学・工学のラフィク・ハリリ研究所を共同研究パートナーの一つとして選出。また、同大学コンピュータサイエンス学科のエイザー・ベスタブロス特別教授やHRIグローバル統括のバーンハード・センドホフ博士が中心となり、共同研究におけるプロジェクトの監督推進を実施する。

 最初のプロジェクトとして、データを秘匿したまま計算処理する暗号化技術の一つである「セキュア・マルチパーティ・コンピューテイション」を用いたデータプライバシーコントロール技術を研究する。2017年5月からプロジェクトを開始し、利用者がどの個人情報を共有、非共有にするかをコントロールできるデータセキュリティ技術を実現するとしている。

 ホンダでは、これまでの“モノづくり”に加え、今までになかった新しい価値や体験を提供する“コトづくり”へのチャレンジを続けており、それを実現するための技術としてAIに注目。「人の感情を理解し共感できること」「人に寄り添い、共に成長していくこと」「主役である人の可能性を拡大していくこと」を可能とする“人と協調するAI”の開発を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加