NECとFiNC、ヘルスケア領域で協業--日常生活から健康状態をAI技術で可視化・分析

坂本純子 (編集部)2017年04月28日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)とFiNCは4月28日、ヘルスケア領域で協業を開始したと発表した。

 NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」とFiNCの法人向けウェルネスサービス「FiNC for Business」を組み合わせ、新たな企業向けウェルネス・ソリューションを共同開発する。

 具体的には、企業内で従業員の健康状態を把握するために、カメラやウェアラブル端末などのIoTデバイスにより、人の表情や声音などの生体情報を取得。FiNC for Businessのアプリケーションに蓄積された食事や運動等のライフログデータと組み合わせて両社のAI技術で可視化・分析する。

 これにより、従来の定期健康診断では困難だった健康状態の日々の変化や健康リスクを捉え、従業員がデータ入力を行うことなくより早い段階での気づきや健康促進に関するタイムリーなアドバイスを行えるとしている。

 また、2018年の提供開始に向けて、NEC社内で特定保険指導対象者からモニターとして50~100名程度を選出し、6月からNEC社内で実証実験を開始する。

 本人の同意を得た上でFiNC for Businessを使った食事管理などのアドバイスやBMI値などの数値改善度を測定し、AI技術によって作成した改善度の予測モデルにどのような関連があるかを検証する。また、両者のAI技術による生活習慣病の発症リスク予測や生活習慣病予備軍の予測結果から、効果の期待できるモニターを選出するとしている。

 NECはこれまで、従業員の健康増進のため定期健康診断のデータ分析結果に基づく健康促進施策を日本電気健康保険組合と共同で行ってきた。2016年度からはNEC the WISEを活用して生活習慣病予備軍を抽出することでより高度な疾病予防に努めるとしている。

 一方のFiNCも、2014年から企業向けにスマートフォンを利用して食事や運動、休養といった生活習慣の改善を働きかけ、従業員の健康状態や健康リスクを統計分析して可視化できるウェルネスサービスFiNC for Businessを提供している。

 両社が共同で実証実験を行うことにより、ノウハウを蓄積し、今後のソリューション強化や事業化につなげていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加