logo

ドコモ、屋内専用基地局の装置カバーが焼損--全国約900施設で交換へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月24日、同社がビルなどの建物内に設置している日立国際電気製の屋内専用基地局(中継器)MOF2007の一部装置において、2016年11月から2017年2月にかけて装置カバーの焼損事象が発生したと発表した。


 実際に焼損事象があったのは、2件(石川県金沢市内、他1件)。

 現在、メーカーによる解析を含め原因解明のため調査中だという。落雷などの何らかの要因で、装置の電源部に対して著しい過電圧が発生した場合に、同中継器のサージ保護回路が作動し続けることで高熱がまれに発生することがあり、装置カバーが焼損した可能性が高いと考えられるという。


 ドコモでは、万が一の場合に備え、重点監視体制を構築。日立国際電気製の当該屋内専用基地局を設置している全国927施設、約3万5500台において、ヒューズ容量や漏電遮断機能などの確認点検を行うとともに、4月末を目途により難燃性の高い部品へ取替える。

 部品の取替えにあたり、中継器を設置している施設において、一時的に利用者の通話・通信がしづらい状況が発生する場合があるという。

-PR-企画特集