logo

富士フイルム、中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」発表--フルサイズクラスの小型軽量を実現

山川晶之 (編集部)2017年01月19日 21時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは1月19日、中判サイズ(43.8mm×32.9mm)となる「Gフォーマット」サイズのイメージセンサを搭載したミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX 50S」を国内発表した。発売は、2017年2月下旬を予定している。価格はオープンで、 同社直販サイトでは80万4060円(税込)で予約を受け付けている。

「FUJIFILM GFX 50S」
「FUJIFILM GFX 50S」

 GFX 50Sは、国内メーカーとして初の中判ミラーレスデジタルカメラだ。マグネシウム合金の採用で剛性感を高めつつ、ボディ単体(電池、カード込み)で約825gと軽量を実現。本体もフルサイズセンサ搭載機とほぼ同じサイズを実現した。

 イメージセンサには、有効画素数5140万画素のCMOSセンサを搭載。フルサイズセンサと比較し約1.7倍の面積を持ち、1画素あたりの受光性能を高めている。さらに、集光性能と解像力を最適化するマイクロレンズや、フォトダイオードを形成するプロセスを最適化することで、デジタル中判サイズのセンサを搭載した他のカメラよりも、被写体の質感、立体感、その場の空気感が伝わるような描写を可能にしているという。

 画像処理エンジンには、「X-Processor Pro」を採用。富士フイルム独自の「フィルムシミュレーション」機能により、同社が持つフィルムの色調を高精度に再現できる。動画撮影にも対応し、中判センサならではの階調感、被写界深度の浅さを生かした撮影が可能となる。対応フォーマットは1080p/30fpsで、フィルムシミュレーションを適用した撮影も可能だ。

有効画素数5140万画素をほこるイメージセンサを搭載
有効画素数5140万画素をほこるイメージセンサを搭載

 EVFは、369万ドットの有機ELパネルを採用し、ファインダ倍率は0.85倍を達成。背面には、3.2インチ236万ドットの静電容量式タッチパネル液晶を搭載。3方向チルトに対応した。また、EVFは着脱式になっており、フレキシブルな運用が可能。別売のEVFチルトアダプタと併用することで、さまざまなアングルの撮影を可能にしている。

さまざまなアングルのファインダ撮影を可能にするチルトアダプタを用意
さまざまなアングルのファインダ撮影を可能にするチルトアダプタを用意

 その他の仕様としては、最高1/4000秒のフォーカルプレーンシャッター、UHS-IIに対応したデュアルSDカードスロット、約400枚の撮影が可能な大容量バッテリを採用した。

1億画素をも想定した「GFレンズ」群

 富士フイルムでは、GFX 50Sの発表に合わせ、交換レンズ「GF63mmF2.8 R WR」「GF32-64mmF4 R LM WR」「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」の3本も発表した。Gフォーマットに対応した「Gマウント」を採用しており、1億画素を見越した設計を可能にしたという。また、同社ミラーレスカメラ「Xシリーズ」で実績のある絞りリングを搭載している。

用意された交換レンズ群
用意された交換レンズ群

 GF63mmF2.8 R WRは、フルサイズ換算で50mm相当の焦点距離を持つ標準レンズ。コンパクトかつ405gと小型軽量に仕上げられている。レンズ構成は、EDレンズ1枚を含む8群10枚構成。フォーカス方式を全群繰り出しにすることで、撮影距離による収差変動を抑え、絞り開放でも画面中心から周辺まで高い解像性能を実現するという。メーカー希望小売価格は19万5000円(税別)。

 FUJINON GF32-64mmF4 R LM WRは、フルサイズ換算で25-51mmの焦点距離を持つズームレンズ。大口径高精度非球面レンズを含めた3枚の非球面レンズとEDレンズ、スーパーEDレンズ各1枚を使用した11群14枚構成で、広角から標準領域まで単焦点レンズに匹敵する高画質を実現しているという。モーターには、高速かつ静音性に優れるリニアモーターを採用している。メーカー希望小売価格は29万9500円(税別)。

 GF120mmF4 R LM OIS WR Macroは、フルサイズ換算95mmの焦点距離を持つ、最大倍率0.5倍の中望遠マクロレンズ。EDレンズ3枚を含む9群14枚構成を採用し、EDレンズをバランス良く配置することで色収差を良好に補正して高画質を実現しているという。また、最高5段分の手振れ補正機構を搭載し、低照度時の手持ち撮影時に効果を発揮する。メーカー希望小売価格は34万9500円(税別)。

-PR-企画特集