logo
Kickstarter

これならギターで挫折しない、指板が光って押さえ方を教える「Fret Zeppelin」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックバンドにおいて、ギタリストはヒーロー。バッキングもリードもこなせるし、フロントマンとして歌いながら弾いたり、ステージを所狭しと走り回って派手にスライディングしたりもできる。ただし、弾きこなせるようになるには、地道な練習の積み重ねが必要。弾き方を覚えられず、挫折した人も多いだろう。

 そんな人のために、ギターの練習を支援するスマートデバイス「Fret Zeppelin」を紹介する。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

(出典:Kickstarter)
ギターの練習を支援するスマートデバイス(出典:Kickstarter)

 Fret Zeppelinは、スマートフォンと連携し、ギターを弾く際に押さえる指板上の位置をLEDの光で教えてくれるデバイス。ギターの指板には目印となるポジションマークが設けられているものの、慣れないと6フレット目なのか8フレット目なのか区別できなかったり、「ド」を見つけられなかったりする。Fret Zeppelinを使えば、押さえる場所が一目で分かり、練習がはかどる。

押さえる場所を光って教えてくれる(出典:Kickstarter) 押さえる場所を光で教えてくれる(出典:Kickstarter)
(出典:Kickstarter)
スマホのアプリで制御(出典:Kickstarter)

 基本的に単音の位置を示すほか、コード(和音)の押さえ方も光らせられる。さらに、メジャーやマイナー、ペンタトニックといったスケール(音階)を表示する機能や、曲に合わせて光る機能も備えている。カポタストを使った場合のコードや、オープンGといった変則チューニングにも対応可能。

初心者から中上級者向けの機能に対応(出典:Kickstarter) 初心者から中上級者向けの機能に対応(出典:Kickstarter)

 Fret Zeppelinが役立つのは、練習のときだけでない。LEDで稲妻風などのアニメーションを表示できるようになっていて、指板上で光の視覚効果が楽しめる。ステージ映えすること間違いなしだ。

 指板の長さはギターによって異なるが、フェンダーやギブソンなど、好きなギターに取り付け可能という。

(出典:Kickstarter)
薄いのでプレイの邪魔にならないそうだ(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2月9日まで。記事執筆時点(日本時間1月18日16時)でキャンペーン期間は21日残っているが、すでに目標金額4万8000ドルの1.5倍を上回る約7万3000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集