logo

ギークス、フリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」を発表--無償で利用可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギークスは1月16日、フリーランスITエンジニアと企業をマッチングするIT人材事業において、フリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」の提供を開始した。また、サービスの提供にあわせ、新たにNexSeed、マネーフォワード、弥生、レアジョブの4社との業務提携を発表した。

 フリノベでは、勉強会や英語学習支援、会計ソフトの割引、開発案件の紹介といった仕事・キャリア支援、グルメや映画などの優待サービス、健康診断の割引といったヘルスケア支援、結婚や子育てに関するライフイベント向けのサービスなど用意。また、Slackを使ったオンラインコミュニティやオフラインの交流会を企画。孤立しがちなフリーランス同士を緩やかに繋ぐという。

 プランは、「スタンダード」と「プレミアム」の2種類がある。スタンダードは、「geechs job」のメルマガ会員やセミナー参加者など、ギークスにフリーランス登録していないユーザーでも入会できるプラン。スタンダード会員では、おもに仕事・キャリア支援のサービスを受けることができる。勉強会・交流会への参加も可能だ。

 また、ギークスにフリーランス登録しているユーザーはプレミアムプランに入会可能。すべてのサービスが利用できる。スタンダード会員も、ギークスのコンサルタントと面談後にフリーランス登録することで、プレミアムプランが利用可能となる。なお、スタンダード・プレミアムともに入会費・年会費などは発生せず、無償で利用できるという。

 同社では、現在約9000人のフリーランスがIT人材として登録されており、今後も増加傾向にあるという。ただし、フリーランスの労働環境が十分に整備されているとは言いがたく、独立を検討している人にもフリーランスという働き方を選べるようフリノベをローンチしたとしている。

-PR-企画特集