アイ・オー、新ブランド「PLANT」を立ち上げ--カテゴリ問わず“挑戦”する商品を

加納恵 (編集部)2016年11月11日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は11月10日、最新技術やトレンドを積極的に採用し、形にしていく新ブランド「PLANT(プラント)」を立ち上げると発表した。第1弾商品として無線LANルータ、子機6モデルを発売する。


「WNPR2600G/WNPR1750G」

「WNPR1167F/WNPR1167G」

 PLANTは「最新技術を搭載した製品を使ってみたいが安心して使える日本製モデルが少ない」「余計な機能のないシンプルな商品がほしい」といったユーザーの声を受け、新たなチャレンジとして立ち上げたブランド。新技術やトレンドを積極的に採用していくことをコンセプトにカテゴリは問わず、商品化していくという。名称のPLANTには「種を蒔いて大きく育てて、広く根付かせていきたい」という思いが込められている。

 第1弾として発表された無線LANは、販売台数でほぼ横ばいの状況が続いている、ある意味成熟市場の商品。しかし次世代高速無線LAN規格「IEEE802.11ac」(11ac)対応商品は、販売の割合を高めており、ユーザーから通信高速化へのニーズも出てきているという。

 しかしアイ・オー・データ機器は、ボリュームゾーンに特化した商品しか販売しておらず「ラインアップが足りない」と認識していたとのこと。PLANTブランド立ち上げにあたり、点での展開から脱却し、ラインアップ展開することで、ユーザーにとって使いやすい環境を整えたいとの思いから第1弾商品に選んだ。

 新モデルは、無線LANルータ「WNPR2600G/WNPR1750G/WNPR1167F/WNPR1167G」と無線LAN子機「WNPU1167M/WNPU583B」の全6モデルをラインアップ。全機種で11acをサポートしたほか、複数機器を同時に接続しても高速通信が利用できる「MU-MIMO」と電波を届きやすくする「ビームフォーミング(BF)」対応機も用意する。


「WNPU1167M/WNPU583B」とドライブレスNAS

 WNPR2600G/WNPR1750G/WNPR1167Fの3モデルは、11月下旬に発売し、WNPR1167G/WNPU1167M/WNPU583Bの3モデルは年内発売を予定している。

 PLANTは、カテゴリを問わず展開していく方針で、追ってドライブレスNASもリリースする予定。アイ・オー・データ機器として初めての0Tバイトモデルになり、「HDL2-AA」シリーズをベースモデルにしている。今後は通常の「アイ・オー」ブランドとPLANTブランドの2つで展開していく。

  • WNPR2600G(11ac、4×4、最大1733Mbps、想定税込価格:1万3800円)
  • WNPR1750G(11ac、3×3、最大1300Mbps、想定税込価格:8800円)
  • WNPR1167F(11ac、2×2、最大867Mbps、想定税込価格:5980円)
  • WNPR1167G(11ac、2×2、最大867Mbps)
  • WNPU1167M(11ac、2×2、最大867Mbps)
  • WNPU583B(11ac、1×1、最大433Mbps)

アイ・オー・データブランドと「PLANT」ブランドの位置づけ
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加