logo

水平360度映像が記録できる球体カメラ--米360flyがロボット技術応用し開発

加納恵 (編集部)2016年11月10日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フロンティアファクトリーは11月10日、米国360fly製のアクションカメラ「360fly(サンロクマルフライ)」の取り扱いを開始すると発表した。「360fly 4K」(税込価格:5万9400円)と「360fly HD」(同:3万7800円)の2機種をラインアップする。水平360度×垂直240度の超ワイドアングルレンズを搭載し、動画、静止画撮影が可能だ。発売は12月9日。


左から「360fly HD」と「360fly 4K」

 360flyは、米国ペンシルベニアを拠点にするアクションカメラのリーディングカンパニー。カーネギーメロン大学のロボット研究所が、ロボット開発用に培ったテクノロジを転用しているという。

 いずれも高さ59.5mm×幅61mmの球体で、重量は172(360fly HDは138)g。64(360fly HDは16)Gバイトの内蔵メモリを備える。本体には電源オン、オフと録画、停止ができるワンボタンを搭載し、単体での動作も可能。画面確認や再生は、専用アプリ「360fly」からできる。

 録画解像度と録画レートは、360fly 4Kが2880×2880ピクセルで50Mbps、360fly HDが1504×1504ピクセルで20Mbps。超ワイドアングルのシングルレンズを搭載し、複数のレンズを搭載する360度カメラに比べ、切れ目のない美しい画質を得られることが特徴。垂直は240度のため、一部死角ができる。

 加速度センサ、Eコンパス、GPS/高度計、ジャイロスコープなどのセンサを搭載するほか、本体は防水、防塵設計。1.5mの落下テストもクリアしている。

 メモリ内に保存された録画データは、スマートフォンなどの端末にダウンロードも可能。スマホ経由で、YouTube、Facebookへのアップロードにも対応する。

 撮影した映像はアプリを使用すれば、ワンタップでVRに変換ができ、VRヘッドセットを使ってのVR映像も見られる。無料アプリ「360fly Director」を使用すれば、PC用での編集も可能だ。

 本体底部には三脚穴も備え、一般的なアクセサリの装着を実現。独自のハンドルバーマウント「FLASHMZ111」(税別価格:2980円)、ベンテッドヘルメットマウント「FLASVMZ111」(同:2980円)、モバイルVRビュワー「FLASVRZ111」(同:4980円)などのアクセサリ類も用意。本体を保護する「プロテクティブケージ」や水中で使用できる「ダイブハウジング」も近日発売予定としている。

  • アプリ経由でスマートフォンから撮影している映像などを確認できる

  • 「360fly 4K」では画質を3つのモードから選べる。2880×2880ピクセルで24FPSを選ぶと動画撮影中の静止画撮影が可能

  • タイムラプスモードも装備


装着マウントなどアクセサリ類も取りそろえる

-PR-企画特集