電通、VR専門のグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を設立

山川晶之 (編集部)2016年11月02日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は11月2日、VR領域でのビジネス化を目的としたグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を立ち上げたと発表した。

 同社では、VRを「新たなコミュニケーション革命」として捉え、Dentsu VR Plusでは、VRとそこから派生するビジネス全体を包括的にサポートする。日常生活やあらゆる業態にVRを取り入れることで、BtoB領域、BtoC領域、メディア領域の活性化を目指す。

 Dentsu VR Plusでは、電通が培ってきたVRにおけるノウハウを生かし、VR動画やVRツールの企画制作、キャンペーンやイベントの提案、実施など、VRを活用した広告ソリューションを提供するほか、VRを活用したビジネス開発に関心のある企業を対象に、VR活用に関するコンサルティングと事業開発支援を実施する。

 また、一般社団法人VRコンソーシアムと連携。専門家や有識者とのネットワークを活用したVR関連情報も発信するとしている。

 電通では、グループ各社がそれぞれVRに取り組んでおり、VRに関する専門的なソリューションの提供とビジネス開発の本格化を目的として設立した。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加