logo

MS、「Skylake」搭載機器上の「Windows 7/8.1」サポートを再び延長

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年08月12日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月11日、Intelの第6世代プロセッサ(開発コード名:「Skylake」)搭載機器上での「Windows 7」および「Windows 8.1」のサポート終了日を、当初発表していたそれぞれのWindowsサポート期間の終了日にまで延長すると発表した。これまでSkylake搭載機器上の同OSに対するサポート終了日は、非Skylake搭載機器上のそれよりも早い2018年7月に設定されていた。

 Windows 7の延長サポート期間は2020年1月14日に終了する。一方、Windows 8.1の延長サポート期間は2023年1月10日に終了する。なお、延長サポート期間中、ユーザーはMicrosoftからの定例セキュリティアップデートを無償で受け取ることができる。

 Microsoftは2016年1月、Skylake搭載機器上でのWindows 7およびWindows 8.1の延長サポートは2017年7月で終了すると発表していたが、同年3月にこの終了日を2018年7月にまで引き伸ばすことを明らかにしていた。

 今回のサポート終了日の変更は、「Windows Embedded 7」「Windows Embedded 8」「Windows Embedded 8.1」が稼働するSkylakeプロセッサ搭載機器にも適用される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集