logo

オーディオテクニカ、テレビの音を手元で聴けるコードレススピーカシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは8月9日、「SOUND ASSIST(サウンドアシスト)」シリーズより、テレビの音声を手元のスピーカで聴ける、赤外線コードレススピーカシステムの「AT-SP450TV」(想定税別価格:1万円)と「AT-SP350TV」(同:9000円)の2機種を発表した。8月26日に発売する。

  • 「AT-SP450TV」

  • 「AT-SP350TV」

 AT-SP450TV/SP350TVは、赤外線を利用し、テレビ側に設置した送信機からの音声を手元の大口径52mmのスピーカで聴くことがきる赤外線コードレススピーカシステム。テレビとスピーカの間に配線の必要はなく、最大7mの範囲で、テレビの音声をワイヤレスで楽しむことができる。

 人の音声を聞き取りやすくする「はっきり音」機能を搭載し、本機能の聴き具合を2段階で調節が可能。一定時間テレビ音声からの入力信号がない場合、本機の電源が自動でオフになる仕組みだ。

 AT-SP350TVは、大きめのボリュームノブやボタン配置など、使いやすさに配慮したデザイン。AT-SP450TVは、テレビの電源のオン/オフや選局、音量調整や消音などの基本操作を手元で操作できるリモコン機能も備える。両機種とも、ヘッドホン出力機能を備え、テレビの音声をヘッドホンでも聴くことも可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集