logo
Kickstarter

リンゴより軽いWindows 10ポケットPC「Ockel Sirius B」--無償アップグレードを見送る人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10」への無償アップグレード期間が間もなく終了する。無料サービスであるがあえて見送り、既存PCを現在のOSで使用し続け、次のPC購入時にWindows 10を導入する計画の人も多いだろう。

 これからWindows 10搭載PCを買うつもりの人には、ポケットサイズのWindows 10対応PC「Ockel Sirius B」を勧める。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


ポータブルHDDやスマホのような形のPC(出典:Kickstarter)

 Ockel Sirius Bは、ポータブルHDDやスマートフォンのような形状のPC。小さいながらスペックは本格的で、ディスプレイなどを接続すればデスクトップPCとして使える。Windows 10 Homeをプリインストールするが、OS非搭載モデルも用意する。

ポケットに入れて持ち歩けるサイズ(出典:Kickstarter)
ポケットに入れて持ち歩けるサイズ(出典:Kickstarter)
本格的なデスクトップPCとして使える(出典:Kickstarter)
本格的なデスクトップPCとして使える(出典:Kickstarter)

 標準モデルと上位モデル「Ockel Sirius B Black Cherry」の2種類あり、サイズと重さは標準モデルが123×79×11mm、120gで、Black Cherryが124×80×13mm、153g。開発チームは、スマートフォンと同程度の大きさで、リンゴより軽いとしている。

リンゴより軽い(出典:Kickstarter)
リンゴより軽い(出典:Kickstarter)

 使用するには、HDMIポートにディスプレイをつなぎ、USBやBluetooth経由でマウス、キーボードなどを接続するだけ。冷却ファンを搭載していないので、騒音で煩わされることがない。

接続性も十分(出典:Kickstarter)
接続性も十分(出典:Kickstarter)

 主な仕様は以下のとおり。

 【Ockel Sirius B】

  • OS:Windows 10 Home(32bit)
  • プロセッサ:Intel Atom Z3735F
  • RAM:2GB
  • フラッシュストレージ:32GB
  • SDカードスロット:microSD(最大128GB)
  • HDMI:1.4a(4K非対応)
  • USB:2.0×2
  • Bluetooth:4.0
  • 無線LAN(Wi-Fi):IEEE802.11a/b/g/n
  • その他ポート:マイク入力、オーディオ出力
  • サイズ:123×79×11mm
  • 重さ:120g

 【Ockel Sirius B Black Cherry】

  • OS:Windows 10 Home(64bit)
  • プロセッサ:Intel Atom x5-Z8300
  • RAM:4GB
  • フラッシュストレージ:64GB
  • SDカードスロット:microSD(最大128GB)
  • HDMI:1.4a(4K対応)
  • USB:2.0×1、3.0×1
  • Bluetooth:4.0
  • 無線LAN(Wi-Fi):IEEE802.11a/b/g/n/ac(デュアルバンド)
  • その他ポート:マイク入力、オーディオ出力
  • サイズ:124×80×13mm
  • 重さ:153g

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間8月26日まで。目標金額の4万5000ユーロに対し、記事執筆時点(日本時間7月29日14時)で約9000ユーロの資金を集めている。キャンペーン期間はあと28日ある。

-PR-企画特集