マックでポケモンバトル!--2900店舗が「Pokemon GO」のジムなどに変身

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2016年07月22日 19時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マクドナルドは7月22日、スマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」とのコラボレーションを実施すると発表した。単独ローンチパートナーとして、国内のマクドナルド全店舗(約2900店舗)が、Pokemon GOの特別な場所として登場する。

マクドナルドの九段下店では、「ジム」として登録されていた
マクドナルドの九段下店では、「ジム」として登録されていた

 約400店舗は、他のプレイヤーと戦うジムバトルなどが催される「ジム」となり、残る約2500店舗では、モンスターボールなどのゲームを進める上で必要となるさまざまな道具を手に入れられる「ポケストップ」として利用できる。

400店舗がジムバトルができる「ジム」に
400店舗がジムバトルができる「ジム」に
2500店舗が「ポケストップ」に変身する
2500店舗が「ポケストップ」に変身する

 この取り組みにより、店舗での楽しみの一つとしての活用のほか、マクドナルドに立ち寄るきっかけとなることが狙いとしている。

 Niantic CEOのジョン・ハンケ氏は「想像以上の反響をいただき、サーバーの容量の制約からお待たせしてしまいましたが、本日、日本の皆様にお届けすることができ大変嬉しく思っています。外に出たら、安全に気をつけて、まわりを見渡し、世界そのものを楽しんでください」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加