ラジオ、テレビの枠に収まらない新放送「i-dio」がグランドオープン

加納恵 (編集部)2016年07月01日 19時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新マルチメディア放送「i-dio(アイディオ)」は7月1日5時にグランドオープンした。福岡、東京、大阪で視聴できる。

 i-dioは地上アナログ放送終了後の帯域の「跡地」を使って、スマートフォンやカーナビなど、主に移動体端末に向けて実施するマルチメディア放送。3月1日にプレ放送を開始していた。

 グランドオープンにあたって、参入するコンテンツプロバイダからオリジナルの受信アプリ「i-dioアプリ」「TS PLAY」「Amanekチャンネル」がリリース。アプリには、専用チューナ不要で、i-dioをインターネットで利用できる「インターネット受信モード」も搭載される。

 手持ちのスマートフォンと接続してi-dioサービスを視聴できる専用チューナの「i-dio Wi-Fiチューナー」は、無料モニターの第3次募集を開始。加えて自動車向けに設計された「i-dio車載対応TuneBox」もリリースする。

 新チャンネルとして、TOKYO SMARTCASTと楽天が編成、営業面で協業する「Crimson FM」もスタート。このチャンネルは、RakutenのITテクノロジを活用してリスナーの視聴データに基づいた番組を編成するとのこと。インターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」でも同時再送信する。

 東海・北陸広域圏を放送対象地域とする中日本マルチメディア放送では、同日に認定証交付を受け、まずは東海地方でプレ放送をスタート。本放送の開始は8月1日を予定している。今後は静岡県と北陸地方へと放送エリアを随時拡大していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加