logo

アップル「WWDC 2016」、基調講演は米国時間6月13日午前10時から--報道各社に招待状

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月02日 08時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの年次開発者会議「Worldwide Developer Conference」(WWDC)がサンフランシスコで米国時間6月13日の週に開催されることは周知のとおりだ。またAppleは、13日にビル・グラハム・シビック・オーディトリウムで行われる基調講演で、WWDCを開幕することも既に認めている。

 そして1日になってようやく、基調講演は米国太平洋時間午前10時という例年通りの時刻に開始することを通知する招待状が、Appleから報道各社に舞い込み始めた。

 6月13日の基調講演では、Appleの「iPhone」「iPad」に搭載されるソフトウェアの次期バージョンである「iOS 10」の詳細に加えて、「Apple Watch」「Apple TV」「Mac」の最新情報が語られると期待される。ここ数年のWWDCでは、ハードウェアに関する情報は少ない。新型Macが披露される可能性はあるが、「iPhone 7」や「Apple Watch 2」といった必ず来ることが予測される後継機種については、早くても9月まで発表されないと思ってよいだろう。同様に、Appleが総力を挙げて開発中と報じられている「Amazon Echo」との競合製品も、発表されるとは期待しないほうがいいだろう。

6月13日に開幕するAppleの開発者会議には多くの人が注目するだろう。
6月13日に開幕するAppleの開発者会議には多くの人が注目するだろう。
提供:Jessica Dolcourt/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集