Amazon、プライムビデオ向けオリジナル作品発表--「勇者ヨシヒコ」の福田雄一監督作も

山川晶之 (編集部)2016年05月31日 20時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾン・ジャパンは5月31日、Amazonプライム会員向け動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」において、日本オリジナルとなる12作品を紹介した。

(左から)Amazonプライム・ビデオ&Amazonスタジオコンテンツ事業本部長アジア・パシフィックリージョナルヘッドのジェームズ・ファレル氏、アマゾンジャパン合同会社社長のジャスパー・チャン氏、Amazonスタジオ代表でプライム・ビデオコンテンツグローバル統括のロイ・プライス氏
(左から)Amazonプライム・ビデオ&Amazonスタジオコンテンツ事業本部長アジア・パシフィックリージョナルヘッドのジェームズ・ファレル氏、アマゾンジャパン合同会社社長のジャスパー・チャン氏、Amazonスタジオ代表でプライム・ビデオコンテンツグローバル統括のロイ・プライス氏

 プライムビデオは、2015年9月に日本で開始。映画やドラマ、アニメ、ドキュメンタリーといったジャンルをカバーし、既存作品に加え、新作コンテンツの先行配信、独占配信を実施している。また、自社スタジオ「Amazonスタジオ」によるオリジナル作品も制作。2016年は、約40本のオリジナル作品のうち、20本を日本向けにする予定だ。

 アマゾンジャパン合同会社社長のジャスパー・チャン氏は、「プライムビデオならではの映像作品の提供に努めている」とし、独占配信で人気の高かったコンテンツとして「昭和元禄落語心中」「甲鉄城のカバネリ」「弱虫ペダル」を挙げた。また、「今後、プライムビデオでしか見られないオリジナル作品を日本でも提供する」と12作品の紹介につなげた。

 Amazonスタジオ代表でプライム・ビデオコンテンツグローバル統括のロイ・プライス氏は、「力強い際だった作品をお客様に届けたい。他では見つけることのできない映画やドラマ、視聴者が出会ったことのないキャラクターたちが登場する」と、オリジナルコンテンツの魅力を語った。

 日本向けに制作する作品は、キッズ、ドラマ、バラエティ、ドキュメンタリーの4ジャンル。こうしたオリジナル作品のすべては、日本のみならずアメリカ、イギリス、ドイツ、オーストリアなど海外のAmazonプライム会員にも、それぞれの言語の字幕付きで配信する予定だ。

今回発表された日本オリジナル作品
今回発表された日本オリジナル作品

 キッズ向けには、すでに「仮面ライダーアマゾンズ」のエピソード1を配信中だ。このほか、2016年7月9日よりテレビ東京系列で放送される「ウルトラマンオーブ」のスピンオフ作品を、2016年12月より配信するとしている。

  • 「仮面ライダーアマゾンズ」

  • 「ウルトラマンオーブ」のスピンオフ作品。本編よりも前のストーリーを描く

 ドラマでは、人気マンガ原作の「はぴまり~Happy Marriage!?~」(2016年6月22日配信)、こちらも人気マンガ原作の「ベイビーステップ」(2016年7月22日配信)、福田雄一監督による宇宙をテーマにしたコメディドラマ「宇宙の仕事」、キリシタン大名の名代としてローマに派遣された4人の少年たちの軌跡を描いた「MAGI 天正少年使節と世界帝国」の4作品を配信予定だ。

  • 人気マンガ「はぴまり~Happy Marriage!?~」の実写ドラマ。ファンからの反響が凄まじく、急きょ15分のメイキング番組を配信している

  • 人気マンガ「ベイビーステップ」の実写ドラマ

  • 「勇者ヨシヒコ」など人気作を世に送り続ける福田雄一監督作品「宇宙の仕事」

 バラエティは、すでに配信中の「内村さまぁ~ず SECOND」(2016年秋より世界配信)、ダウンタウン松本人志さんが芸人とにらめっこする「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」(2016年秋配信)、石塚英彦さんによる日本酒紀行バラエティ「酒と肴と石塚英彦」(2016年11月配信)の3作品。

  • 「内村さまぁ~ず SECOND」

  • 「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」

  • 「酒と肴と石塚英彦」

 ドキュメンタリーでは、日本の文化と魅力を紹介する「PRIME JAPAN 日本のこころに出会う」(配信中)、写真家三好和義氏による楽園紀行「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」(2016年6月30日配信)、東京の“今”を牽引する発信者たちを追うドキュメンタリー「Invisible TOKYO」(2016年7月15日配信)。

  • 「PRIME JAPAN 日本のこころに出会う」

  • 「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」

  • 「Invisible TOKYO」

 また、プライス氏は、2016年にグローバルで注目されている作品として「The Grand Tour」を挙げた。これは、BBCの人気自動車番組「Top Gear」の元司会だった、ジェレミー・クラークソン、ジェームズ・メイ、リチャード・ハモンドの3人をMCとして迎え、2016年秋公開予定の自動車番組だ。

 Amazonスタジオによるオリジナルコンテンツは、複数の作品でエミー賞、ゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞しており、日本向けコンテンツでも質の高さに期待が高まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加