logo

オーディオテクニカ、原音再生を追求したハイレゾイヤホン3機種

加納恵 (編集部)2016年05月30日 16時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは5月30日、ハイレゾ対応のイヤホン「ATH-CKR100/CKR90/CKR70」(想定税別価格:4/2/1万円)を発表した。「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトとした「Sound Reality series」シリーズとして展開する。発売は6月17日。

 CKR100/CKR90には、2つのドライバを対向に配置した「DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERS」を搭載。CKR100は13mmドライバを2つ、CKR90は13mmと10.4mmのドライバを1つずつ備える。これにより高い駆動力と優れたリニアドライブの向上により、広帯域にわたって歪みのない原音再生を実現。ハイレゾ音源も高解像度で再生できるとしている。

 CKR100は高剛性チタニウム、CKR90は精密切削アルミニウムハウジングを使用し、音響特性を向上。両機種ともに振動板の前後直進運動を向上させるアルミニウムスタビライザにより、高レスポンスかつ忠実な音を再現する。

「ATH-CKR100」
「ATH-CKR100」
「ATH-CKR90」
「ATH-CKR90」

 CKR70は、11.8mmのダイナミックドライバを搭載したシングルモデルだ。アルミニウムハウジングにより、不要共振を抑え、高レスポンスを実現する。

 いずれもXS、S、M、Lサイズのイヤーピースを同梱し、ケーブル長は1.2m。CKR100/CKR90は着脱式コネクタを採用する。

「ATH-CKR70」
「ATH-CKR70」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集