logo

SIEJA、携帯型ゲーム機「PSP go」のアフターサービスを終了--部品の確保が困難

佐藤和也 (編集部)2016年04月25日 13時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパン(SIEJA)は4月25日、携帯型ゲーム機「PlayStation Portable go」(PSP go)について、7月31日付けでアフターサービスを終了すると発表した。

  • PSP go 「ピアノ・ブラック」

 PSP goは、PSPの新モデルとして2009年11月に発売。UMDドライブの代わりに16Gバイトのフラッシュメモリを搭載しているのが特徴の携帯型ゲーム機だった。なお生産は2011年4月に終了している。

 サポート終了の対象機種はPSP-N1000PBとPSP-N1000PW。終了の理由は「部品の確保が難しいため」としている。また、部品の枯渇により終了期日前に修理ができなくなる場合もあると説明している。

-PR-企画特集