logo

熊本地震の被災者に部屋を無償貸し出し--Airbnbがホストに協力要請

山川晶之 (編集部)2016年04月15日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Airbnbは4月15日、熊本県で発生した大規模地震に伴い、被災者向けに部屋を無償で貸し出すホスト(住居提供者)の募集を開始した。


部屋を探している被災者は「泊まる場所を探しています」、部屋を提供したい人は「私の部屋を無料で提供できます」をそれぞれ選択する

 これはAirbnbの緊急災害支援として提供されるもので、大規模災害が発生すると、被災地のホストに自動メールで援助可能か打診する。同社の既存ホストと空き部屋のある地元の住民は、Airbnbの緊急災害支援サイトから被災者に部屋の無償貸し出しが可能となる。被災地では、全予約の手数料が無料になる。

 今回の地震を受け、Airbnbでは九州エリアのホストに災害支援ツールを案内。福岡、熊本を中心に現時点で28件の部屋の登録があるという。緊急災害支援は今のところ4月14日~20日の間にチェックインした被災者が対象となるが、期間については状況を見て延長も検討していくとしている。

 利用方法は、Airbnb内の緊急宿泊場所のページから、被災者は「泊まる場所を探しています」、ホストは「私の部屋を無料で提供できます」を選択する。Airbnbのアカウントが無くても部屋を登録可能だ。なお、今回の緊急災害支援はウェブサイトのみ受け付けており、スマートフォンアプリからはアクセスできない。

-PR-企画特集