logo

JVC、クラブ系スタイルのBluetoothヘッドホン「HA-S900XBT」--重低音を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは2月4日、JVCブランドより、「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズの新ラインアップ「XX/ELATION(イレーション)」として、Bluetooth搭載ポータブルヘッドホン「HA-S900XBT」を発表した。発売は2月上旬。想定税別価格は1万5000円前後となる。

「HA-S900XBT」
「HA-S900XBT」

 ELATIONは、英語で「高揚感」や「上機嫌」の意味。HA-S900XBTは、クラブ系スタイルにマッチするクールなデザインをコンセプトにしている。BluetoothとNFCを搭載し、対応機器とワンタッチで接続して、手軽にワイヤレス再生が可能だ。

 内蔵アンプにより低音を増強する、オン/オフ切り替え可能な「バスブースト機能」を搭載。さらに、メインマグネットの前方に、もう1つマグネットを配置して磁力を最適化する「ダブルマグネット」により、XXシリーズの特長である「重低音サウン ド」と、クリアな高解像サウンドを両立させたという。

 ハウジング背面には、振動をコントロールする「Xダンパー」を搭載し、クリアな中高音とキレのある低音を再現。重量は約210gで、コンパクトに折りたたんで持ち運ぶことができる。2時間の充電で、約10時間の電源持続が可能だ。充電用マイクロUSBケーブルと、ヘッドホンケーブル(1.2m)が付属する。カラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集