Harman Kardon、Bluetooth対応ワイヤレススピーカ「AURA STUDIO」--落ち着いたスモーク仕様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーマンインターナショナルは1月13日、Harman Kardonブランドより、Bluetooth対応のワイヤレスホームスピーカシステム「AURA STUDIO(オーラスタジオ)」を発表した。発売は1月16日。公式直販サイトの税別価格は3万7880円となる。

 AURA STUDIOは、スケルトンボディが特徴のBluetooth対応ワイヤレスホームスピーカシステム「AURA」の音質とデザインを継承し、Bluetooth機能をさらに強化したモデル。スケルトンボディは、落ち着いた印象のスモーク仕様となった。

 シングルユニットで、高さ275mm×幅215mm×奥行き215mmというコンパクトなサイズながら、側面の6つの40mm径フルレンジドライバと、底面の112mm径サブウーファにより、クリアで迫力のあるサウンドを実現。無指向性のオーディオシステムなので、部屋のどこにいても同じ高音質を体感できるという。


「AURA STUDIO」

 Bluetoothは、デバイスを2台まで同時にペアリングし、交互に音楽再生することができる「ソーシャルモード」機能を搭載。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生される仕組みだ。ノイズキャンセリングシステムを搭載したハンズフリー通話機能も備えている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加