logo
Indiegogo

温度などを“キャップ”に表示するスマート水筒「Seed」--スマホなしで使える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 健康維持やスポーツ時の体調管理には、水分補給が大切だ。そのため、適切なタイミングで水分を摂るよう促してくれるスマートな水筒「Trago」や「SIPPO」を紹介してきたが、いずれもスマートフォンやスマートウォッチに表示される通知を見逃す弱点があった。

 これに対し、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」に登場したスマート水筒「Seed」は、スマートフォンが手元にない状態でも、単体でスマートボトルとして機能する。

スマホなしでも機能するスマートボトル(出典:Indiegogo)
スマホなしでも機能するスマートボトル(出典:Indiegogo)

 Seedは、水分補給のタイミングを教えてくれるほか、飲み物の温度表示、熱すぎる飲み物による火傷を防ぐためのアラート表示、飲み物が古くなった場合のアラート表示などの機能を備える水筒。

 ほかのスマート水筒と異なり、キャップに搭載したLED画面とタッチパネルで各種表示や操作が可能なため、普段はスマートフォンなしで活用できる。

操作と表示はキャップで(出典:Indiegogo)
操作と表示はキャップで(出典:Indiegogo)

 キャップのLEDは、15×5のマトリクス画面。開けたときや閉めたとき、タッチしたときに、飲み物の温度や各種警告を表示する。電源は2個のボタン電池で、1~2年間は使えるという。

スマート機能をキャップに集約(出典:Indiegogo)
スマート機能をキャップに集約(出典:Indiegogo)

 スマートフォンとBluetoothで通信し、水分補給の履歴などをアプリで管理できる。「Jawbone」「Fitbit」「Runkeeper」といったフィットネス用アプリ/デバイスとも連携する。Appleの「HealthKit」にも対応する予定。

フィットネス用アプリ/デバイスとも連携(出典:Indiegogo)
フィットネス用アプリ/デバイスとも連携(出典:Indiegogo)

色やサイズが豊富(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は2万ドル。記事執筆時点(日本時間12月21日12時)でキャンペーン期間は20日残っているが、すでに目標の2倍を超える約4万4000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集