耳で聞く書籍「Audible」に新コンテンツ--宮沢りえさん朗読の「雨ニモマケズ」など

加納恵 (編集部)2015年11月16日 18時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonのグループ企業として、オーディオエンターテインメントコンテンツを提供する「Audible(オーディブル)」は11月16日、宮沢りえさんと糸井重里さん朗読によるスペシャルコンテンツを提供開始すると発表。「Audibleパブリックリーディング-物語に耳を澄まそう-」を開催した。

 Audibleは、1995年に米国で創業したオーディオブック製作、配信事業者。2008年にAmazon.comの傘下になり、米、英、独、仏、豪で事業を展開している。日本では7月にサービスを開始した。書籍を音声化したオーディオブックで知られ、現在世界25万タイトル以上のコンテンツを提供。数百万人のユーザーを持つ。

 スペシャルコンテンツとして提供するのは、女優宮沢りえさん朗読の宮沢賢治著「雨ニモマケズ」、糸井重里さん本人による朗読の「小さいことばを歌う場所」の2つ。同日から配信している。


女優宮沢りえさん朗読の宮沢賢治著「雨ニモマケズ」、糸井重里さん朗読の本人による著書「小さいことばを歌う場所」

 Audibleではこの2冊を選定した理由を、雨ニモマケズは、広く知られる詩を文字ではなく耳で聞くことで新しいものとして聞いてほしいという理由から、糸井重里さんは著者が自分で書いた書籍を自分で読むとどんな風に聞こえるかを体験をしてほしいため、とした。

 発表会場では、宮沢りえさんの雨ニモマケズの朗読とともに、イラストレーターのエドツワキさんがその場で絵を描いていくライブペインティングを披露。宮沢さんは完成した絵を見て「晴れの日にも雨の日にも、夏にも冬にも見える不思議な絵」と感想を述べた。

  • 宮沢りえさんによる「雨ニモマケズ」の朗読

  • エドツワキさんのライブペインティング完成作品の前でトークショー。左がエドツワキさん

  • 自著による朗読を披露している糸井重里さんも登場

 Audibleは、月額1500円で聴き放題の定額サービス。Audibleアプリをインストールすることで利用できるほか、iTunesからコンテンツごとに購入することも可能だ。小説のほか、ビジネス書、語学学習、ライトノベル、ラジオドラマなど幅広いジャンルのコンテンツが用意されており、朗読スピードは0.5~3倍まで、6段階で調節できる。

 日本語のコンテンツは1万点以上がそろっており、今後は書籍をオーディオ化するだけでなく、映画や漫画をベースにしたものなど、枠組みにとらわれず作品数を増やしていく方針だ。登録後は1カ月の無料体験が可能だが、12月31日まで、Amazonプライム会員向けに初回3カ月間の月会費が無料になるキャンペーンを実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加