logo

オヤイデ電気、USB DAC&ポタアン「FiiO Q1」--小型サイズのメタルボディ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オヤイデ電気は10月16日、USB DAC&ポータブルヘッドフォンアンプ「FiiO Q1」を、10月23日に発売すると発表した。想定税別価格は1万2900円前後。


「FiiO Q1」

 Q1は、ヘッドフォンアンプとUSB DACとして機能するハイブリッド型。高さ56mm×幅97mm×奥行き13.1mm、重量100gという小型でオールメタルのボディは、ディスプレイを排除したシンプルなデザインで、直感的に操作ができるロータリーボリュームを採用した。

 USB DACのデコーダは、最大24bit/96KHzのネイティブ再生に対応。頑丈なトグルスイッチや、さまざまな機器とのマッチングのためのベースEQと、ハイゲインを搭載した。

 ライン入力と出力は、1基のジャックで兼用する自動切り替え式。内蔵リチウムイオンバッテリで駆動し、約4時間の充電で約30時間の連続駆動が可能だ。3.5mmステレオミニケーブル、USB-microUSBケーブル、シリコンバンド2個、シリコンパッド(スペーサー)2個が付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集