logo

アイスタイル、「@cosme」のビジネス領域を拡張--グループサービスを統一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイスタイルは10月1日、同社が運営するコスメ・美容の総合サイト「@cosme」のビジネス領域を、2016年度中に大幅に拡張させると発表。その第1弾として、スマートフォンサイトの全面を刷新したほか、別サービスとして提供してきたコスメECやサロン予約を@cosme内で利用できるようにした。

 同社によると、コスメ・美容市場では、化粧品メーカーの美容事業参入、美容事業者の化粧品への参入、個人のセミプロ化などプレイヤーも多様化し、ユーザーとの接点や情報流通も大きく変化したという。そこで、市場環境の変化をチャンスと捉え、これまでに蓄積してきた生活者データを生かして、新しい@cosmeを2016年度中に作り上げるという。

 スマートフォンサイトの全面刷新では、TOP画面がタイムライン構造になり、新着コスメ情報、人気ブログ記事、ブランドの発信情報、サロン人気メニューなどの最新情報がトップ画面で時系列に表示できるようになった。


 また、「おすすめ」「Ranking」「コスメ・クチコミ」「Beauty」「サロン予約」「お買い物」「ポイント・クーポン」の全7メニューからなるナビゲーションバーを新たに設置。これまで独自ドメインで展開していたグループサービスは、@cosmeドメイン(cosme.net)内に統一し、EC・サロン予約などのグループサービスを「@cosme ID」を使って利用できるようになった。

 さらに、アイスタイルのグループ会社であるコスメ・コムが運営する@cosmeの姉妹版コスメECサイト「cosme.com」は、10月1日付けでプラットフォーム型ECサイト「@cosme shpping」としてフルリニューアルされた。

 従来は仕入れ商品を販売していたが、新たに「出店型」のメニューを加え、幅広いブランドと連携したECサイトに変更。今回発表された連携により、@cosmeの商品ページや「お買い物」メニューなどから、直接商品の購入ができるようになった。

 アイスタイルのグループ会社であるアイスタイルビューティソリューションズが運営するエステ・美容室などのサロン予約サービス「ispot」についても、情報閲覧やサロン予約を@cosme内で直接できるようになり、名前も「ispot by @cosme」に変更された。商品ページに、その商品が買える店舗リストを掲載する「お店情報」が追加され、位置情報(GPS)を使い、4万5000店の中から現在地近くで購入できる店舗を探せる機能も提供される。

 なお、2016年のビジネス領域拡大に関するアイスタイルグループの戦略や@cosmeの今後の展開については、11月に予定しているプレスカンファレンスで発表するという。

-PR-企画特集