iOSにバックグラウンドでアプリが実行され続ける脆弱性--アップルが修正

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年08月28日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 悪質なアプリケーションが、iOSデバイスのバックグラウンドで不正に実行される可能性のあるセキュリティホールが、Appleによって修正された。

 FireEyeの研究者が「Ins0mnia」と名付けたこの脆弱性を悪用すると、Appleのバックグラウンドタスクに対する制約やタイムアウト手順を迂回して、ユーザーがプロセスを終了させ、タスク切り替え画面から見えなくなった後も、そのアプリをバックグラウンドで実行し続けることができる。

 iOSのシステムにダウンロードされたアプリには、Appleによって設定された、そのアプリがサスペンドされ、動作が停止するまでの猶予時間が定められている。FireEyeの研究者によれば、この猶予時間は分単位で設定されるという。この仕組みは、アプリがバックグラウンドで情報を取得するのを防ぐためのものだ。たとえば、GPS情報を使用する正規の音楽再生アプリがあったとしても、このアプリに常にGPS情報を監視されてもいいと考えるユーザーはあまりいないだろう。

 アプリのプロセスに対する制御は、この例のような、ユーザーによって許可された権限の乱用を防ぐためにある。

 「iPad」や「iPhone」のユーザーがホームボタンを押してアプリを閉じると、そのアプリはバックグラウンドに押しやられ、猶予時間を経て終了させられる。最近開いたアプリを表示するタスク切替画面を使って、リストからそのアプリを削除し、完全に終了させることもできる。

 しかし、Ins0mniaを悪用すると、これらの制御を迂回することができる。この攻撃手法は、デバイスにシステムがデバッグ中だと誤解させ、そのアプリに関連するタイムアウト機能を停止させるというものだ。

 Ins0mniaを利用したマルウェアはバックグラウンドで動作を続け、ユーザーのデータを盗み続けることができる。あるいは、デバイスのパフォーマンスやバッテリー寿命を劣化させることもあり得る。

 Appleはこの脆弱性に関する情報を通知され、2015年8月に入ってリリースされたiOSバージョン8.4.1でこの問題を修正した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加