オンキヨー、microSDやUSBからハイレゾ再生ができるポタアン/SDプレーヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは8月27日、microSDやUSBのハイレゾ音源再生に対応したヘッドホンアンプ/SDプレーヤー「DAC-HA300」を発表した。9月上旬に発売する。想定税別価格は7万円前後。


「DAC-HA300」

 DAC-HA300は、アンプ機能に加え、microSDカードスロットとmicro USB、USB端子を装備。WAV、FLACなのハイレゾフォーマットやDSD 5.6MHzまでのネイティブ再生に対応した。

 同軸デジタル入出力も装備し、内蔵のmicroSD内の音源再生のほか、iOSやAndroid、PC、デジタル入出力機などとの接続にも対応している。

 オペアンプには、ハイエンドオーディオ用に開発された新日本無線の「MUSES8920」を採用。DAC部にはAVアンプのフラッグシップ機にも採用実績のある、テキサス・インスツルメンツ製バーブラウン「PCM1795」を搭載し、600オームのハイインピーダンスヘッドホンにも対応した。

 サイズは高さ21.5mm×幅69.6mm×奥行き123mmで、重量は280g。USB入力で約9時間、DC入力で約4時間の充電で、iOSデバイス接続の場合、最大約7時間の駆動が可能だ。

  • iOS/Android用「HF Player」と接続することで有償版が使用可能になる

  • microUSB端子とUSB端子を装備

  • ヘッドホン出力端子とステレオミニ端子を備える

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加