logo

在京民放5局、10月から見逃し配信サービス「TVer」開始

加納恵 (編集部)2015年07月16日 16時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの在京民放5局は、テレビ番組のキャッチアップサービス「TVer(ティーバー)」を10月に立ち上げると発表した。

 サービス開始は10月予定としており、各社放送中のドラマやバラエティなどを配信する予定。すべて広告付きで配信され、利用料は無料。PC、スマートフォン、タブレットからの視聴を予定している。

 いずれも、リアルタイム視聴ができなかったユーザーをターゲットにしており、放送後一定期間限定で配信する。各社1週間に10番組程度の配信を予定しており、放送終了後から次回放送までの、基本1週間程度の配信期間を設ける。

 在京民放5社では、2014年秋から、無料での配信サービスを検討しており、公式のサービスを広げることで、違法動画配信の撲滅にもつながると考えている。


TVerには、場所や時間の制約から解放され、新しいスタイルでテレビを視聴する人たち=TVerという思いが込められているという

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

  • BCP対策:後編

    今、改めて考えたい、VDIのメリットと課題

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]