監視防止デバイス「Proxyham」--最大4km離れた場所からWi-Fiに匿名アクセス

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年07月03日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインで匿名状態を維持するのは、ほぼ不可能とまでは言わないにしても、困難である。

 標準のトラフィックは監視することが可能で、政府機関は大量のデータを吸い取っている。「Tor」やVPNなどのネットワークもユーザーを完全に保護できるわけではない。ジャーナリストや活動家、政治的な反体制者、そして、犯罪者にとって、それは自分たちの活動が監視者に筒抜けになる可能性があることを意味する。

 Edward Snowden氏が米国家安全保障局(NSA)や英国のGCHQによる大規模なデータ収集活動を暴露したことを受けて、一般の人々は今も当局を批判している。そうした状況の中、おびただしい数の監視防止ツール(ソフトウェアとハードウェアの両方を含む)が急ピッチで開発され、市場に投入されている。

 そうした「監視防止」ガジェットの開発者の中には、手っ取り早くお金を稼ぐことだけが目的の者もいる。その一方で、一般の人々の監視に対する不安につけ込んで利益を得ようとするのではなく、「コミュニティーへのサービス」の提供に注力する者もいる。セキュリティ研究者のBenjamin Caudill氏もその1人だ。

 Caudill氏は「Proxyham」を開発し、8月にラスベガスで開催の「Def Con」ハッカーカンファレンスで披露する予定だ。この小型デバイスの狙いは、インターネットトラフィックを見つけにくくして、法執行機関や警察機関によるソースの追跡を困難にすることだ。

 Proxyhamは基本的に、低周波の無線チャネルで公衆Wi-Fiに接続できる機能をユーザーに提供する。Motherboardの説明によると、Proxyhamは「Raspberry Pi」コンピュータと3本のアンテナで構成されているという。

 1本のアンテナは公衆Wi-Fiネットワーク(例えば、Starbucksや書店など)に接続し、残りの2本はその信号を900MHzで送信する。ユーザーは自分の端末のイーサネットポートに900MHzのアンテナを付ける必要がある。

 これにより、ユーザーは最大2.5マイル(約4km)離れた場所のWi-Fiホットスポットに接続できるようになる。たとえ追跡されたとしても、記録上のIPアドレスはProxyhamボックスのものだけで、好都合なことに、そのボックスはユーザーの現在地から離れた場所に設置されている。

 Caudill氏はMotherboardに対し、次のように述べた。

 ユーザーは町内の遠く離れた場所からWi-Fiホットスポットに接続できる。最悪の事態になっても、警察は町内の離れた場所にある図書館に押しかける」(同氏)

 同デバイスは追加のセキュリティ層、Torネットワークの補完物として設計された。自己破壊機能などの追加機能も現在開発中だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加