logo

Box、「Box for Office Online」を発表--「Office Online」との連携を実現

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月17日 13時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Boxは米国時間6月16日、「Box for Office Online」を発表した。これにより企業ユーザーは「Microsoft Office」ファイルの保存や編集、コラボレーションをBoxのクラウド上で行えるようになる。

 Boxのモバイル製品担当バイスプレジデントのDavid Still氏は16日の同社ブログへの投稿で、Boxにアップロードされ、編集されているコンテンツの半数近くがOfficeファイルであると書き記している。

 Box for Office Onlineを使用することで、あらゆるコンピュータは、そのOSに関係なく、また追加ソフトウェアをインストールすることなく、実質的に1台のワークステーションとして扱えるようになるとStill氏は述べている。

 同氏は「これにより、どこからでも今までよりも柔軟かつシームレスな作業が可能になる。さらに、さまざまなマシンにファイルを繰り返しダウンロードする必要がなくなるため、コラボレーションもよりセキュアなものになる」と続けた。

 Box for Office Onlineは「Office 365」のライセンスを持つBoxの企業顧客だけでなく、Boxの個人アカウントユーザーも皆、利用可能となる。また、Boxは「iOS」や「Android」「Windows」向けのネイティブなOfficeクライアントとの緊密な統合を2015年中に実現すると約束している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集