logo

ボーズ、ブラックとホワイトの2色展開になったNCイヤホン「QuietComfort 20」

加納恵 (編集部)2015年06月05日 10時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「QuietComfort 20」。上がブラック、下がホワイト

 ボーズは6月5日、インナーイヤータイプのノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」に新色2色をラインアップした。同日から予約を受け付け、6月26日に発売する。税別価格は3万5000円。

 新色として登場するのはホワイトとブラックの2色。いずれもアクセントカラーにブルーを起用し、ホワイト×ブルー、ブラック×ブルーのさわやかな配色だ。

 グレーを基調とした現行のQuietComfort 20の販売は終了し、今後はホワイト、ブルーの2色展開になる。

 QuietComfort 20は、2013年9月に登場したノイズキャンセリングヘッドホン。ハウジング部には2つの小型高性能マイクを配置し、ノイズキャンセリング性能が発揮するほか、ボタンひとつでノイズキャンセリング効果を抑え、周囲の音を聞き取れる「Awareモード」を備える。

 アップル製品対応モデルとスマートフォン対応モデルがそれぞれ登場し、いずれもStayHear+チップS、M、Lサイズ、充電用USBケーブル、専用キャリングケースが付属。ケーブル長は130cmで、重量は約44gになる。

  • リモコン部

  • コントロールモジュール部

  • ボディカラーに応じたキャリングケースが付属する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集