logo

フィリップス、LED照明「Philips Hue」に専用スイッチ--電源不要で動作する仕組みとは

加納恵 (編集部)2015年06月04日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Philips Hue Tap Switch」

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは6月4日、スマートフォンから操作できるLED照明「Philips Hue(フィリップスヒュー)」に、電源のオン、オフなどができる拡張製品「Philips Hue Tap Switch(フィリップスヒュータップスイッチ)」を発表した。同日から販売を開始し、想定税別価格は6800円前後になる。

 Philips Hueは、2013年9月に日本で発売されたLED照明システム。「ブリッジ」を介することで無料の専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットから操作できることが特徴で、1600万色以上の色調設定やタイマー設定、遠隔操作などが可能だ。

 Tap Switchは、アプリで操作せず簡単にコントロールできるスマート照明スイッチ。本体には4つのボタンがついており、Philips Hueのアプリで登録した4つのシーンを割り当てられる。そのためボタンを押すだけで瞬時にシーンの切り替えが可能。スマートフォンやタブレットが手元になくても操作ができる。

 サイズは高さ24mm×直径75mmで、重量約90g(本体のみ)。ボタンを押したときに発生するエネルギーを活用した電流で動く「キネティック駆動」を採用しており、電源は不要だ。

  • 4つのボタンには4つのシーンを割り当てられる

  • 壁設置も可能だ

  • 厚みは24mmになる

-PR-企画特集