プラネックス、暗視機能つきネットワークカメラ「スマカメ CS-QR20」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラネックスコミュニケーションズは3月23日、iPhone/Android対応ネットワークカメラ「スマカメ CS-QR20」を発表、同日発売開始した。価格はオープン。

 暗視(ナイトビジョン)機能搭載を搭載。光センサが周囲の明るさを感知し、暗くなると自動的に暗視モードへ切り替わるため、設置したままで昼でも夜でも被写体をクリアに撮影することが可能。

 ネットワークの設定は、無線の場合はWPSボタンを利用し、有線の場合はブロードバンドルータにLANケーブルを接続後、専用アプリでQRコードを読み取り、パスワードを入力して行う。

 専用アプリ「スマカメ」を利用することで、外出先からスマートフォンで視聴可能。動体検知機能、microSDメモリカードへの常時録画機能も搭載。

 カメラには、100万画素の1/4型CMOSセンサを採用し、720p(1280×720ドット)のハイビジョン画質に対応。動画の圧縮方式はH.264を採用している。音声記録用のマイクも搭載している。無線LAN規格はIEEE802.11n/g/bに対応。

 本体サイズは幅77mm×高さ102mm×奥行き49mm。本体重量は約110g。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加