「アイマス シンデレラガールズ」の360度ライブ映像をHMDで体感--AnimeJapanに出展

佐藤和也 (編集部)2015年03月16日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは、3月21日と22日に東京ビッグサイトで開催されるイベント「AnimeJapan 2015」にて、Hi-Animationブースを出展する。このブースにおいて、「アイドルマスター シンデレラガールズ」のライブ映像をプロトタイプのヘッドトラッカーを搭載したヘッドマウントディスプレイ(HMD)で楽しむことができたり、ハイレゾで収録されたアニソンライブ音源の試聴ができるという。

  • アイドルマスター シンデレラガールズのライブイメージ

 映像は2015年1月24日と25日に日本武道館で開催されたライブイベント「リスアニ!LIVE-5」における、アイドルマスター シンデレラガールズ」のステージをアリーナ席最前列から360度カメラで撮影したもの。その映像を、プロトタイプのヘッドトラッカーを搭載したヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」を使用して視聴できるという。

  • 頭の動きを感知するイメージ

 ハイレゾの視聴コーナーでは、同じくリスアニ!LIVE-5の音源を体感することができるというもの。曲はangelaの「イグジスト」と「シドニア」、fripSideの「black bullet」と「sister’s noise」、LiSAの「Rising Hope」、「シルシ」の6曲が用意。このほか、最新のハイレゾアニソン楽曲も用意され、最新のハイレゾ対応ウォークマン「NW-ZX2」やウォークマンAシリーズとハイレゾ対応ヘッドホンで視聴することができるという。

 このほかブースには85インチの4Kディスプレイも展示。そこで、AnimeJapan向けとして編集されたLiSAのスペシャル映像も上映する。なかでも日本武道館で開催された「LiVE is Smile Always~PiNK&BLACK~」にて、60台にも及ぶActionCamで撮影した映像も用意され、観客席だけではなくスタッフの視点からや、ActionCamを設置している様子なども含めたドキュメンタリー映像となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加