Dropbox、グループ機能を追加--複数メンバーで特定フォルダにアクセス

山田竜司 (編集部)2015年03月06日 18時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dropboxは3月6日、ビジネスユーザー向けにファイルへのアクセス権限を管理できる「グループ機能」の提供を開始すると発表した。Dropbox内にチームを作成してメンバーリストを管理でき、グループのメンバーに対し特定フォルダへのアクセス権限の付与が可能になるという。

 さらに、チームの管理者はグループとActive Directory(AD)データの同期が可能になる。グループ機能は、企業ユーザーから特に要望の多かった機能のひとつといい、2014年11月に先行アクセスのプログラムがリリースされていた。このプログラムを通してグループ機能を利用しているユーザーは1万2000社超とアピールしている。

 今回のリリースの一環として、新たに「グループAPI」機能も提供する。グループAPIは開発者向けのツールであり、APIによりビジネス向けDropboxのグループを既存のシステムと統合できるとした。ADのほかのLDAPユーザーデータと同期することもできる。


グループ機能の利用画面
  • このエントリーをはてなブックマークに追加