logo

リクルート、ドイツの飲食予約「Quandoo」を271億円で買収

藤井涼 (編集部)2015年03月05日 17時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルートは3月5日、ドイツなどEU各国を中心に飲食店向けオンライン予約サービスを展開するQuandooを約271億円で買収することを発表した。同社は2014年10月末にコーポレートベンチャーキャピタルを通じてQuandooの株式を7.09%取得しており、今回92.91%を追加取得して子会社化した。


飲食店向けオンライン予約サービス「Quandoo」

 2012年に創業したQuandooのオンライン予約プラットフォームは、最高級レストランからローカルダイニングまで13カ国6000店以上の飲食店に導入されているという。リクルートによれば、欧州5カ国(イギリス、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス)における飲食店のオンライン予約数は、電話予約などを含めた総予約数に対して16%に留まっており、今後大きな成長が予測されるとしている。

 リクルートは、Quandooに一部出資し共同でEU各国での成長戦略を検討してきたが、Quandooの持つ営業オペレーションやシステム価格の優位性、機能的な利便性と、リクルートが持つ事業運営ノウハウを融合させることで、さらなる成長が見込めると判断して買収を決めたとしている。

-PR-企画特集