logo

Visa、「決済のトークン化」を欧州で提供へ--「Apple Pay」に好機か

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2015年02月25日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの決済システム「Apple Pay」は、Visaが提供する新サービスによって欧州進出の足掛かりを得られるかもしれない。

Apple Payのようなサービスを使った決済処理では、実際のクレジットカード情報の代わりにトークが送信される。
Apple Payのようなサービスを使った決済処理では、実際のクレジットカード情報の代わりにトークが送信される。
提供:James Martin/CNET

 英国に拠点を置くVisa Europeが現地時間2月24日に発表した新しい「トークン化」サービスは、消費者が出先での決済に携帯電話を使いたい場合に利用できる。このサービスでは、クレジットカード上の番号などのデータに代わり、ランダムな数列でアカウントを保護する。取引時には、実際のクレジットカード情報ではなく、トークンが送信される。

 Apple Payは、米国のクレジットカード会社との間で同じ方式のセキュリティを採用しているため、今回のVisaの動きが、欧州におけるAppleの決済システムに門戸を開く可能性がある。

 Visa Europeの新しいトークン化サービスは、Appleの競合各社、特にGoogleなどにも道を開く。検索大手のGoogleは米国時間2月23日、Softcardとの提携を発表し、携帯電話ユーザーと小売業者への「Google Wallet」の提供を拡大していくと述べた。Google WalletとSoftcardは、Apple Payと同じく、トークン化でクレジットカード情報を保護している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集