スマートウォッチ「Pebble」、「Android Wear」の通知機能に対応--Android版アプリをアップデート

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2015年02月18日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートウォッチ「Pebble」製品ラインを展開するPebble Technologyは、2週間前に同社製スマートウォッチの販売本数が100万本を超えたと報告したが、その後も引き続きユーザー体験を積極的にサポートし改良している。

 Pebbleは米国時間2月16日、「Android」搭載スマートフォン向けアプリ「Pebble」のメジャーアップデート(バージョン2.3)を発表した。このアップデートには「Android Wear」の通知機能が含まれる。同機能はこれまでベータリリースだったが、今回すべてのAndroid Pebbleユーザーが「Google Play」ストアで入手可能になった。

 PebbleのAndroid版アプリのアップデートに先立ち、同社はPebbleのファームウェアをバージョン2.9にアップデートしており、すでに公開済みだ。

 Pebble Android 2.3には、以下の機能が含まれる。

  • Android Wear通知機能
  • Pebbleユーザーが定義できる返信機能
  • 大多数のAndroid対応SMSメッセージングアプリを使ったPebbleからの返信
  • Pebbleがアイドル時の、アプリおよび文字盤の自動アップデート
  • 「Android 4.0」以降を搭載したデバイスのサポート
  • 「Whatsapp」通知機能の問題の修正

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加